札幌にある学習塾と家庭教師、それぞれ勉強を教えてくれるということについては共通です。
どちらを選択するか悩みどころですが、両者にはどのような特徴があり、またどのような違いがあるでしょうか。
まず、学習塾のメリットは個別指導にせよ一斉指導にせよ、同じ年代の同級生がいる環境であることでしょう。
彼らと切磋琢磨をすることによって、単純な授業内容だけに留まらず学習意欲を高めることが出来るというメリットがあります。
また、塾長クラスのスタッフはプロと言える高い実力を有しており、経験値に裏付けられた指導力の高さが期待できます。
大手の模擬試験を実施している学習塾も多く、自分の現座の実力を測るという観点においては非常に有効だと言えるでしょう。
反面、教室まで通うことが前提条件なので、決まった時間に必ず向わなければならないという時間的制約がデメリットと言えます。
一方、家庭教師のメリットとはそういった時間的制約に対して比較的寛容で、先生を一定時間独り占めできるということでしょう。
もちろん、プロの家庭教師が存在していますが、大学生や大学院生が学業の傍らアルバイトを務める場合もあります。
しかし、しっかりと学力をつけさせたいと考える場合、家庭教師ならプロ家庭教師がオススメです。
アルバイトなどの責任の無い指導より圧倒的な差が生まれます。
学生の家庭教師のメリットとしては、直近の受験テクニックや現代の受験戦争を生きた学生としてのノウハウを学べる点にあります。
学力以外の得難い情報を得られるきっかけにはなるかもしれません。
反面、生徒と先生の距離が近すぎるため相性が強く反映されることもあって、反りが合わない先生との間では成績も思うように上がってこないこともしばしばです。
わざわざ来てくれているのだからと保護者も先生の交代を断行できないという点はデメリットと言えるかもしれません。
そこで、学習塾と家庭教師を併用するという選択肢もあります。
様々な先生に触れることによって沢山の情報を手にすることが出来るというメリットがあります。
情報は直接的に成績に反映されますし、様々な環境で勉強することによって頭の切り替えができることも利点です。
反面、気になるのは料金の問題でしょう。
どちらも人気講師を希望すればそれなりの額を支払わなければならないのは事実ですが、併用は成績と相談して決めるのがいいでしょう。
併用が自分にあっているならば継続することも可能ですが、様々な先生と触れることで目が肥え、どちらかを減らすことが出来る可能性があります。
より良いほう、自分の生活環境にあったほうを選ぶための期間として捉えることも出来ます。
いくらコストをかけたとしても、成績が上がらなければ意味がありません。
コストパフォーマンスを度外視してでも成績を引き上げたいなら、様々な学習指導に挑戦してみてください。